うつ病はこころの症状だけではない

うつ病はこころの病気なのでこころの症状しかないと思われていますが、からだの症状も出てきます。早期発見が大切です。

はじめてのうつ病についてのMAINimg

うつ病はこころの症状だけではない

ここ数年、うつ病の人が増えていると言われています。

うつ病は誰にでもなる可能性がある病気なので自分は大丈夫とは言えません。

うつ病のことを知り、病気のことを理解するようにしたいですね。

ここでは、うつ病の症状についてまとめています。

《こころの症状》

うつ病というと、やはり抑うつ気分や意欲の低下、何をするのも億劫な感じ、不安、焦りなどの症状が出ます。

これはこころの症状で、多くの人が訴える症状です。

こころの症状はいくつかありますが、それが全て出る人もいれば一部だけの人もおり、様々です。

《からだの症状》

うつ病はこころの病気だと思われているため、からだに症状が出てもうつ病とは思わないことがあるようです。

しかし、うつ病は脳の働きに何らかの問題が起こった状態と言われていて、「気持ち」で治るものではありません。

こころの症状だけでなく、からだの症状もあるのがうつ病です。

例えば睡眠障害や食欲の減退、倦怠感、動悸、息苦しさ、口の渇きなどです。

《治療すれば治る病気》

うつ病になってしまったらもうずっとこんな状態で完治しないと思われているようですが、うつ病は治療すれば治る病気です。

最近では磁気刺激治療という服薬以外の治療を行うクリニックも出てきて、治療方法に選択の幅が広がったことにより自身に適した治療法を選択できるようにもなっています。

〇磁気刺激治療が可能なクリニックはこちら…うつ病でお悩みの方 | 磁気刺激によるうつ病治療なら新宿ストレスクリニック

うつ病に限らずどんな病気でもいえる事ですが早期に発見し、早期に治療に努めることが非常に大事です。

本人はもとより、周囲の人が「おかしいな」と思ったら病院に行くように勧めるなどして早期に発見して治療を始められるようにしましょう。

Copyright cafediningbar7.com.All Rights Reserved.

当サイト(はじめてのうつ病について)の記事・画像などの無断転用を禁止します。