中古マンションを購入するメリットとデメリット

青葉区中古マンションの詳しい話

青葉区で中古マンションの購入を検討している人へ、メリットとデメリットを知っておき、それから検討するようにしましょう。

青葉区中古マンションの詳しい話のメインimage

中古マンションを購入するメリットとデメリット

青葉区でマンションの購入を検討しているが、新築か中古マンションか迷っているという人もいるでしょう。

ここでは、中古マンションのメリットとデメリットをまとめていますので、参考にしてください。

★最近では新築より中古を選ぶ方も増えています。

参考記事:新築信仰は崩壊!中古マンションの快進撃 | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online

・中古マンションのメリットとは?

中古マンションを購入するメリットは、3つあります。

価格が割安であること、物件数が新築に比べて多いこと、実物を見られることです。

同じ広さで新築物件と比べると、中古物件の方が安いです。

また、青葉区で探した場合でも、新築よりも中古マンションの方が物件数が多いです。

そして大きなメリットが実物を見て購入できるという点です。

日当たりの確認や窓からの景色、通風などが直接確認できます。

モデルハウスでしか見られない新築物件だと日当たりや通風は確認できませんね。

実物が確認できると、周辺の環境もわかります。

・中古マンションのデメリットとは?

中古マンションを購入するデメリットというと、やはり古いことが挙げられます。

築年数が経ったものだと外観や内装、デザインは古くなります。

水回りの配管などは見えませんが、古いとボロボロになっている可能性もあるので注意が必要です。

また、耐震性の問題もあるので1981年以前に建てられたマンションは要注意です。

・リノベーション物件がおすすめ

最近は、リノベーションといって部屋全体をリフォームし、最新設備を入れた物件もあります。

内装は新築物件と変わらないため、大変人気があります。

青葉区でもリノベーション物件が販売されているので一度見学してみると良いでしょう。

Google
www を検索 青葉区中古マンションの詳しい話を検索