うつ病はからだの痛みが起こることも

うつ病ではこころの症状だけでなくからだの痛みも現れることがあります。

はじめてのうつ病についてのMAINimg

うつ病はからだの痛みが起こることも

うつ病の症状と言えばこころの症状が中心だと思われがちです。

気分が落ち込んだり、やる気が無くなったりすることが多いのは確かなのですが、他にもからだに痛みが起こることもあるようです。

からだの痛みがうつ病の症状の一つであることを知っておき、うつ病について理解を深めましょう。

《主なからだの症状》

うつ病のからだの症状として、睡眠障害、食欲減退、動悸、息苦しさ、口の渇き、倦怠感、疲労感、からだが重い、痛いなどがあります。

これらすべての症状が出る人もいますが、一部だけの人もあります。

この中で比較的多いのは睡眠障害だと言われています。

ここ最近不眠が続いているという人は、うつ病の可能性もありますので一度病院へ行って相談してみるのも良いでしょう。

《うつ病で出るからだの痛みとは》

頭痛がする、頭が重い、肩や首が凝る、関節が痛い、背中が痛いといった症状は、多くの人が経験していると思います。

この症状がある人全てがうつ病というわけではないのですが、うつ病でもこういった症状が出ることがあります。

このような症状に悩んでいる人は、医師に話してうつ病など他の病気が隠れていないかを診てもらうと良いでしょう。

《こんな時はうつ病かも》

からだの痛みが続くので病院で検査をしてもどこも異常がない、最近落ち込んだりすることが増えたという場合は、うつ病かもしれません。

からだの痛みがうつ病によるものと考えられますので、早めに専門医に診てもらい、もしうつ病ならすぐに治療を始めた方が良いでしょう。

Copyright cafediningbar7.com.All Rights Reserved.

当サイト(はじめてのうつ病について)の記事・画像などの無断転用を禁止します。