うつ病の症状はどのように進む?

うつ病の症状の進み方についてです。きざしから初期、中期、重症までの症状の進み方をまとめました。

はじめてのうつ病についてのMAINimg

うつ病の症状はどのように進む?

どんな病気もそうですが、放置しておけば症状が進んでいきます。

◎気になる記事⇒http://www.excite.co.jp/News/product/20170518/Ovo_1004632.html

軽い風邪などの場合は自然に治ることがありますが、うつ病は放置しておいても治るものではありません。

うつ病の症状はどのように進んでいくのでしょう。

《うつ病かな?という状態》

もしかしてこの症状はうつ病かな?と思えるのが、何事にもやる気がない、物事に集中できない、決断できなくなった、不安、イライラが続く、疲れが取れないといった症状です。

これくらいのことは誰にでもあるものですが、うつ病の場合はこれが2週間以上続きます。

一時的なものだと心配はありません。

《うつ病の初期から中期》

症状が進んでくると、昔のことをくよくよと悩む、将来のことが不安になる、物忘れが多くなる、食欲が落ちる、眠れなくなる(寝つきがわるい、中途覚醒するなど)、便秘、などがあらわれてきます。

買い物に行っても何を買えば良いか決められないとか、家事がおっくうになるなどもそうです。

《重症になると・・・》

うつ病が進行して重症になると、動作がだんだんゆっくりとなり、常識を外れたことを考えたり自分はひとりぼっちだと感じ、生きていたくないとまで考えます。

自殺願望が出るのもこの頃で、周囲の人たちで協力して見守っていくか、入院して治療するかになります。

重症になってからでは治るまでにかなり時間がかかりますので、できれば初期の段階で治療を始めたいものです。

何かおかしいなと思ったら、専門医に診てもらうようにしましょう。

Copyright cafediningbar7.com.All Rights Reserved.

当サイト(はじめてのうつ病について)の記事・画像などの無断転用を禁止します。