うつ病の薬とどう付き合うか

うつ病の時に飲む薬とどう付き合っていくか、止めるタイミングはいつかなどについてまとめています。

はじめてのうつ病についてのMAINimg

うつ病の薬とどう付き合うか

うつ病の治療には、抗うつ薬が処方されることが多いです。

うつ病と診断された人の95%に、薬が処方されています。

抗うつ薬が中心ですが、症状のあらわれ方によっては、抗不安薬や向精神薬も処方されることがあります。

うつ病で薬を飲むことに抵抗を感じる人も多いようですが、薬とどのように付き合っていけば良いか、どのタイミングで止めるかについて調べました。

《抗うつ薬との付き合い方》

抗うつ薬は、風邪薬などと違って薬を飲んで2~3日寝ていたら治るというものではありません。

長く付き合っていかなければならないと考えておきましょう。

抗うつ薬にはいろんな種類があって、それぞれの症状や体質によって合う、合わないがあります。

この薬を飲んで効果がなかったら次はこの薬、というように試しながら合うものを選んでいきます。

最近は副作用も少ない薬が出てきているので、次から次へと薬を試していくことは少なくなっているようです。

自分に合う薬が見つかれば、2~3週間は続けて飲むことになります。

《薬を飲むなら前向きに》

抗うつ薬を飲むのに抵抗を感じる人も多いようですが、薬を飲まずにうつ病を治すのはとても難しいです。

せっかく効果がある薬があるのですから、病気の間は頼れば良いのです。

薬を飲むのであれば前向きな気持ちで飲むようにしないと効果があらわれてくれません。

《薬を止めるタイミングは》

うつ病が良くなってきたら、当然薬も止められます。

ただ、薬を止めることで再発するのではと不安に感じるのも確かです。

基本的には6か月は継続して服用した方が良いと言われており、その後は医師と相談しながら決めていきます。

「毎日気分が良くて以前のような憂うつな気持ちはありません」となれば薬は止めて大丈夫でしょう。

やはり担当医と話し合うことが大切です。

Copyright cafediningbar7.com.All Rights Reserved.

当サイト(はじめてのうつ病について)の記事・画像などの無断転用を禁止します。